iPhoneXSやiPhoneXS MaxとiPhoneXR・iPhone8の違いを解説&使用用途によってオススメのiPhoneを紹介!!

この記事は約4分で読めます。

現在、ドコモオンラインショップでは現在(2019/1/14)時点で「iPhoneXS」「iPhoneXS Max」「iPhoneXR」「iPhoneX」「iPhone8」となんと5種類ものiPhoneが販売されています。今までに、こんなたくさんのiPhoneがドコモオンラインショップで販売されたことはなかったのではないでしょうか?どうしてこんな事になっているかというと、iPhoneXやiPhoneXS等の「ホームボタン廃止」やi画面にノッチと呼ばれる切り欠けができたことによるデザイン変更を気にいっていない人が多く、数年前に販売されたiPhone8が今人気があるというちょっとおかしなことになってしまっているのかもしれません。ちなみに、筆者はiPhoneXを使用していますが購入時には少し不安でしたがいざ使ってみるとホームボタンがないことに慣れてしまい、ホームボタンがある今までのAndroidスマートフォンでも、つい画面下からフリックしていまいます笑

ですが、一部の人にはiPhoneXやiPhoneXS・iPhoneXRといったiPhoneを購入することがあまりオススメのではないと思ったのでご紹介致します。

スポンサーリンク

2019年1月現在に販売されているiPhoneの違い

まず簡単に、各iPhoneの大きな違いをご紹介いたします。

  • iPhoneX・・・2017年に発売、価格はXSとXRの間、5.8インチOLED、顔認証
  • iPhoneXS・・・2018年に発売、価格は二番目に高額、5.8インチOLED、顔認証
  • iPhoneXS Max・・・2018年に発売、価格は一番高額、6.5インチOLED、顔認証
  • iPhoneXR・・・2018年に発売、価格は2番目に安い、6.1インチLCD、顔認証
  • iPhone8・・・2017年に発売、価格は最も安い、4.7インチLCD、指紋認証

上記の違い以外にも、CPUやメモリ・ストレージ容量等の違いがあります。

価格はドコモオンラインショップで機種変更時の本体価格の記事作成時点(2019/1/14)での価格を基にしています。

各iPhoneおすすめの使用用途

  • iPhoneX・・・iPhone初の有機ELディスプレイで綺麗な画面で動画や写真をみたい
  • iPhoneXS・・・上記iPhoneXよりも値段は高いが最新のCPUであるA12を搭載&メモリ増でハイスペック
  • iPhoneXS Max・・・iPhoneXSより大画面で動画や写真をみたい
  • iPhoneXR・・・iPhoneXSよりスペックは落ちるが低価格、カラーバリエーションがあってオシャレ
  • iPhone8・・・一番低価格、今まで通りの操作感(ホームボタンがある)、ゲームをよくプレイする

iPhoneXやiPhoneXS 、iPhoneXS Max、iPhoneXRでゲームプレイをオススメしない訳

普通に考えれば、最新で一番ハイスペックであるiPhoneXSやiPhoneXS Maxがゲームプレイには、最適なはずなのですが、筆者はゲームをよくプレイをする方にはiPhone8をオススメ致します。

それはどうしてかといいますと・・・

ディスプレイにノッチがあり、縦長であること

なぜディスプレイにノッチがあったり、縦長であると問題があるかというとiPhoneXが発表されるまで、ゲーム開発者の方はそれまで発売されていたiPhone7等アスペクト比が「16:9」のディスプレイでゲームプレイすることを前提にゲームを作っていました。ですが、突如画面上部にノッチがあり画面が縦長になったことによるアスペクト比が変更されたiPhoneXが発表された為、iPhoneX発表から1年以上経過した今現在(2019年1月)でもゲームによってはこの画面サイズや形状の変更に完全には対応できておらず、ゲーム画面が小さくなっていたり画面の両端に余白ができてしまっています。

ノッチに対応しているゲームもあります。もし自分がするゲームが決まっている場合はそのゲームの対応状況を調べてみてください。

※以下リンクは、当サイトでノッチ等全画面表示への対応状況を調査した一部のゲームです。

【2019年最新】ノッチがあるiPhoneで大人気スマホゲームが正常に表示されるか実際に検証してみました!!
皆さんは、一昨年2017年11月3日に発売された「iPhoneX」がそれまでiPhoneと全く違うiPhoneの表面のほとんどがディスプレイという変更に驚いた方は多いのではないでしょうか?iPhoneX以降のiPhone   → iPh...

有機ELディスプレイであること(iPhoneXR以外)

これには、iPhoneXRは含まれませんがそれ以外のiPhoneXシリーズには「Super Retina HD」という有機ELディスプレイが搭載されています。この有機ELディスプレイは、非常に綺麗なディスプレイなのですが弱点があり、長時間同じ表示をしているとその表示が画面に焼き付いてしまうという弱点があります。映画や動画等、表示が変わっていく場合は問題ないと思いますが同じ写真を長時間表示させ続ける行為や長時間同じゲームをプレイし続けた場合、1つ上の見出しの「ディスプレイにノッチがあり、縦長であること」で記述したように「ゲームの余白部分に表示されている模様等」が焼き付いてしまうリスクがあることが考えられます。

iPhone11ProやiPhoneXSの利用者は特にディスプレイへの焼き付きに注意!!焼き付きの原因と対処方法
現在最新のiPhoneであるiPhone11ProやiPhoneXSのディスプレイはiPhone8やiPhone7など今までのiPhoneからディスプレイの種類が変更されているということをご存知でしょうか?実は、iPhon...

まとめ

以上の事を踏まえ、iPhoneを購入する際にはiPhone自体高額な商品でもありますので、是非ご購入前には販売店等で実際に触ってみてはいかかでしょうか?
もし、ご質問等ございましたら画面右下の丸い赤色のチャットからどうぞ!
それでは、よきiPhoneライフを!!

 

コメント