iPhoneのバッテリーが減るのが速い時の簡単にできる対処方法をご紹介します!!

この記事は約3分で読めます。

Warning: First parameter must either be an object or the name of an existing class in /home/akatuki1424/gadgettrivia.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 155

iPhoneを寝ている夜中に充電していても、仕事や学校が終わる夜や夕方ごろには「iPhoneのバッテリーがもうない!」ということはありませんか?

そんなiPhoneのバッテリーが長時間持たなくて苦労されている方へのバッテリー持ちをよくする方法を2つご紹介します!

スポンサーリンク

低電力モードを利用する

iPhoneには「低電力モード」と呼ばれる機能が搭載されています。

バッテリーの残量が20%以下になった時、低電力モードへの切り替えを促す表示を見たことはありませんか?

この低電力モードとは、バックグラウンドでのアプリ更新やメール受信を停止してバッテリー消費量を減らすことができます。

低電力モードにすると、以下の機能が制限されるか、機能に影響が出ます。

・メールの取得
・”Hey Siri”
・App のバックグラウンド更新
・自動ダウンロード
・一部のビジュアルエフェクト
・自動ロック (デフォルトは 30 秒後)
・iCloud フォトライブラリ (一時的に停止)

Appleサポートページより

この「低電力モード」をONにするには以下の2つの方法があります。

コントロールセンターからONにする

コントロールセンターを開くには

iPhoneXシリーズでは赤い四角で囲った、右上のバッテリーマークの部分から下方向にスワイプ

iPhone8等ホームボタンがあるiPhoneの場合は、画面下から上方向にスワイプ

※以下の画像はiPhoneXです。

コントロールセンターを開く

バッテリーのマークをタップ

低電力モード設定中

以下の様に、バッテリーマークの周りが白くなってバッテリーマークの中が黄色くなれば設定完了!!

「設定」でONにする

ホーム画面の「設定」アプリをタップ

「バッテリー」をタップ

「低電力モード」と表示されている横にある丸いボタンをタップ

低電力モードになると画面右上のバッテリーマークが緑色から黄色に変わります

「低電力モード」は80%以上充電すると自動的にOFFになります

iPhoneの設定を見直す

バッテリーが減るのを抑えるには、以下のように設定をすることをオススメします!

  1. 「Appのバックグラウンド更新」をオフにする
  2. 「自動ダウンロード」をオフにする
  3. 外出先等でWi-Fiを使用していない間はWi-Fiをオフにする
  4. Bluetoothをオフにする
  5. 位置情報サービス(GPS)をオフにする
  6. 自動ロックを時間をなるべく短くする
  7. 同時に多くのアプリを開かない
  8. 通知が不要なアプリは、通知をオフにする

まとめ

主に、上記8つの設定を見直して無駄な機能をオフにするだけでも、「低電力モード」を使用しなくても今までより多少はバッテリーの減る量を抑えられるのではないでしょうか?

もし、上記8つの設定や「低電力モード」を使用しても職場や学校で、iPhoneのバッテリー残量がなくなってしまうという方やいつもギリギリという方には、モバイルバッテリーや充電器を使用されることをおすすめします。

手のひらサイズの小さいモバイルバッテリー

容量重視のモバイルバッテリー

コンセントから直接充電ができるモバイルバッテリー

iPhone付属の充電器より速く充電できる充電器

コメント